新着情報

牛乳パック回収ボックス 設置のお知らせ

 当館のイベント「紙すき教室」は、牛乳パックの再生原料をつかったハガキづくりを行い、参加者の皆様にご好評をいただいております。
 本年2016年夏から、教室を開催する毎週土・日曜日に、紙の博物館の2F受付前、1F講堂(紙すき教室会場)にて、牛乳パックの回収ボックスを設置することになりました。土・日曜日以外は、2F受付にて職員が回収させていただきます。

 牛乳パックは上質なパルプを使用しているので、リサイクルされればティッシュペーパーやトイレットペーパーに再生されます。紙の博物館で回収された牛乳パックは、一部、紙すき教室でも利用させていただきますので、ご了承ください。
 
 紙パックの回収率は、現在は約45%です。さらにリサイクルを進めて、資源を有効利用できるように、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

【牛乳パックをお持ちいただく際のお願い】
・牛乳、ジュースなど、飲料用の紙パックをお持ちください。
・内側がアルミ貼りのものは、回収できません。
・中をきれいにすすぎ、切り開いて、完全に乾かしてからお持ちください。
・回収ボックスには、ビニール袋や輪ゴムなど、紙パック以外のものは入れないでください。

*紙パックのリサイクルについて、より詳しく知りたい方は、全国牛乳容器環境協議会(http://www.yokankyo.jp/)WEBサイトをご覧ください。

box.jpg

ページトップ