イベント

紙すき教室

紙すき教室牛乳パックに使われている紙を再利用して、手すきはがきを作ります。
紙のできるしくみがよくわかる、紙の博物館で一番人気の体験教室です。
子どもから大人まで、どなたでもご参加いただけます。

開催日時

毎週土曜・日曜
13:00~14:30

※2F受付にて、整理券をお渡ししています。(当日12:50~14:15まで)
※講堂にてイベントがある場合は中止。くわしい開催日は、こちら。
※団体・グループの場合、予約時にご相談ください。予約については、こちら。

場所

紙の博物館1F講堂

参加費

無料(入館料のみ)

所要時間

お一人10分程度。
整理券の順番でご体験いただけます。
混雑している場合、お待ちいただくこともございますので、ご了承ください。

紙の博物館オリジナルキャラクター ペーパーマン
紙すき教室のようすを、ちょっとのぞいてみよう!

  • 紙についてのおはなしはがき作りの前に、まず紙についてのおはなし。

    「紙ってなにからできるの?」
    「今日は、どんなことを体験するの?」

    わからないことは、何でも聞いてね!

  • すかし模様、紙の中に入れる葉っぱや色紙好きなすかし模様と、紙の中に入れる葉っぱや色紙を選びます。

  • 作業1すき枠の中に、紙の原料を入れます。

  • 紙の原料この原料は、牛乳パックを中性洗剤で煮て、両側のフィルムをはがし、さらに漂白剤でほぐれやすくしたものを、ミキサーでバラバラにして作ります。地球にやさしいリサイクル原料ですね! 原料は、事前にスタッフが作っています。

  • 作業4水を切って上枠をはずすと、すでに紙のようなものができています!あとは、乾かしていくだけです。

  • 作業6最後はアイロンで乾かします。

  • 手づくりはがき完成品手づくりはがきの完成です!
    1人1人違うデザインのはがきができます。
    その場ですぐにお持ち帰りいただけます。

ページトップ