公式ブログ

「2013年11月」記事一覧

  • イベント

    イベント報告「浮世絵手摺り実演会」その2 摺師の技を目撃

    2013年11月07日 - 19:28

    今年の浮世絵手摺り実演会(10/14)では、摺師の沼辺伸吉先生に歌川広重画「東海道五拾三次之内 蒲原 夜の雪」の摺りの工程を見せていただきました。

    kokosurimasu.jpg保永堂版「東海道五拾三次之内」は広重の出世作で、名所絵師としての地位を確立した作品です。中でもこの「蒲原」は、夜の雪にひっそりと静まりかえる街道沿いの家並みの様子が描かれ、シリーズの中でも傑作の一つと言われます。

    今回は、8版14色仕上げ。何せ夜の雪景色ですので、派手さはないのですが、黒の「ぼかし」を重ねていくことで、とても深みが出てきます。
    沼辺先生と進行役とで、皆さんの質問を受けつつ、ポイントを説明しながら摺り進めていきます。中でも一番見学者が驚かれるのが、空などの表現によく使われる「ぼかし」の入れ方です。

    では、どのように摺られているのでしょうか?実は、ビックリするくらい単純な方法です。版面に濡らした布で水を引き、絵の具をのせ、ブラシでのばしていく、これだけです。本当に摺師の手加減一つで仕上がりが全く変わってしまうので、まさに腕が試されます。
    nunodemizuhiku.jpg

    burasidebokasiwochouseisuru.jpg

    きれいなぼかしが入っていく度に、皆さんから思わず「おお~」と歓声が漏れ、摺り上がった時には拍手が起こっていました。

    suriagari.jpg


    実演の後には、希望者による摺りの体験も行いました。
    体験では、さすがに全ての工程は行えないので、輪郭線の主版(おもはん)を摺ります。ここでは、葛飾北斎画「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」という、浮世絵と言えばコレ!という程、大人気の作品に挑戦しました。

    taiken ironose.jpg

    taiken suru.jpg

    藍色で摺られた輪郭線だけですが、波の迫力ある仕上がりに、大満足!

    と同時に、見るとやるとでは大違い、いかに均一に美しく摺ることが難しいか、摺師の技のすばらしさを、皆さん体感されたようです。

    taiken kansei.jpg


    実演会を通して、ご参加いただいた皆さんには、それまでとは違った視点での浮世絵の楽しみ方をお伝えできたことと思います。

    来年度も実施する予定ですので、ぜひご参加くださいね!

    (H)
  • お知らせ

    紅葉情報ページUP!(飛鳥山3つの博物館HP)

    2013年11月20日 - 09:56

    飛鳥山はサクラばかりと思われがちですが、秋の紅葉の楽しみもあります。

    木の数こそサクラに敵いませんが、大変美しい景観がご覧いただけますので、
    散策にオススメです。

    今年から、飛鳥山3つの博物館(紙の博物館、北区飛鳥山博物館、渋沢史料館)で
    合同運営しているホームページにて、紅葉情報もお届けすることにいたしました。

    ぜひお出かけの参考にしていただければと思います。

    飛鳥山3つの博物館HP 2013年紅葉情報
    http://www.asukayama.jp/stroll/koyo/2013koyo/2013koyo.html

    131120.jpg

  • イベント

    イベント報告 和紙づくりを楽しもう(11/4)

    2013年11月28日 - 13:00

    11月も末に近づいてしまいました。
    大変遅くなってしまいましたが、11/4開催の「和紙づくりを楽しもう」の様子をレポートさせていただきます!

    131128-1.jpg

    「和紙づくり」のイベントは、楮(こうぞ)を原料とした和紙づくりの基本を体験していただくことをメインに、参加者の皆さま独自のオリジナル和紙が作れるよう、毎回、少しずつ創意工夫を重ねています。

    今回は、漉き方の違いを体験していただこうと、流し漉き(ながしずき)と溜め漉き(ためずき)専用の二つの原料を準備しました。

    131128-2.jpg

    溜め漉きでは、原料をくみ取って揺すりを入れる流し漉きと違い、がばっと原料をすくい取り、水分が網から落ちるのを待ちます。
    今回はハガキの厚みにするため、現状の道具を活用して、より多くの原料がすくえるように工夫しました。
    (網につけたカラフルな模様は、透かし模様です。)

    131128-3.jpg

    131128-4.jpg

    左は、漉き上がったハガキサイズの湿紙に押し花を並べているところ。
    右は、染色した繊維です。上からかけると、ほんのり色がつきます。こちらは、今回初めて準備してみました!

    131128-5.jpg

    さあ、オリジナル和紙のできあがりです!紅葉が秋らしくて素敵ですね!

    写真を撮らせていただいたお二人は、手紙で心のつながりを育む活動をしてらっしゃるとのことでした。

    ご参加の皆さま自身の手で作った和紙が、皆さまにとって一番の和紙です!

    (Y)
  • 日々の出来事

    十月桜、見頃です

    2013年11月28日 - 14:11

    131128sakura.jpg

    飛鳥山公園内では、何本か十月桜があります。

    秋・冬なのに元気に咲く、小さく可憐な桜に、一瞬雪かな?と見間違えてしまう方も多い様子。

    少し冷え込みはじめた10月頃から咲き始め、年明け2月頃まで、花を楽しむことができます。

    今、ちょうど紅葉と一緒に楽しむことができます。
    まさに、春と秋(!)のハーモニーですね。

    博物館が公園の中にあると、季節の変化を楽しむことができます。
    ご来館の折りには、ぜひ散策をオススメします!

    (Y)
  • イベント

    イベント報告 漉き簀づくり実演・体験会(11/16)

    2013年11月28日 - 14:42

    11/16は、イベント「漉き簀(すきす)づくり実演・体験会」のために、「全国手漉和紙用具製作技術保存会」の皆さまに、高知県、愛媛県、静岡県と、全国各地からお集まりいただきました。

    現在、ユネスコ無形文化遺産に、文化庁から登録提案中の「和紙」。

    この和紙づくりを支えているのが、和紙を漉くための「用具」です。

    和紙づくりの用具製作を身近に見られる機会が少ないこともあり、近くにお住まいの方から、和紙愛好家の皆さま、和紙販売を手掛けている方、そして本職の和紙職人の方々、本当にさまざまな方にご参加いただきました。

    まずは、和紙を漉くための「漉き簀」について、画像を交えながらご説明をいただきました。

    131128s-1.jpg

    そして、事前にお申し込みいただいた20名様に、簀編みを体験していただきました。

    131128s-2.jpg

    131128s-4.jpg

    細い細い竹ひごを、柿渋で染めた生糸で編んでいきます。
    大変細かく難しい作業です。

    竹ひごも、生糸も、そして編み手の人間も「生き物」なので、まっすぐ、四角く編むのは大変な技術がいるそうです。

    131128s-9.jpg

    また、竹ひごづくりも特別に見せていただきました。

    竹を割るところから、最後に細い竹ひごに仕上げていくまでの繊細な作業までお話を伺うことができました。

    131128s-7.jpg

    131128s-8.jpg

    パコーン!

    と威勢のいい音で割れていく竹に、参加者の皆さまも目が釘付けでした。

    小さな男の子も、竹ひごの形を整える作業に挑戦!
    うまくできたかな?

    131128s-5.jpg

    用具づくりの職人の皆さま、そして和紙漉き職人の皆さまが、博物館という場所で間近で交流していただけたこと、大変嬉しく思います。


    「日本が誇る美しい和紙は、それを作る道具の技術が伝承されていかなければならない」

    「例え竹ひご1本でも具合が悪かったら、その漉き簀で作った何千枚の和紙は、やはりよい紙にはならない」


    技術者の皆さまが語った言葉の一部を簡単にご紹介させていただきました。
    和紙、そしてその道具は、まさに一心同体なのですね。心に強く響きました。


    最後に、感謝の気持ちを込めて、おいでいただいた講師の皆さまのお名前を挙げさせていただきます。

    山本忠義さま(高知県)  漉き簀・桁技術者
    井原圭子さま(愛媛県)  漉き簀技術者
    藤波柚美子さま(静岡県) 漉き簀技術者
    大村俊男さま(静岡県)  竹ひご技術者
    秋山三千代さま(静岡県) 竹ひご技術者
    宮﨑謙一さま(高知県)  保存会事務局

    本当にどうもありがとうございました!

    (Y)

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

ページトップ