公式ブログ

「2013年8月」記事一覧

  • イベント

    イベント「和紙の小物入れをつくろう」の様子をお届けします♪

    2013年08月09日 - 14:34

    暑い日々が続く中、8/8(木)は、イベント「和紙の小物入れをつくろう」を実施しました!
    多くのみなさんにご参加いただき、好評のうち無事終了しました。

    今回つくったのは、和紙(楮紙)にコンニャク糊を塗って仕立てた着物、紙衣(かみこ)の作り方をヒントにした小物入れ(ポーチ)。
    紙衣については、当館の所蔵資料のページに簡単な説明があるので、ぜひコチラを!

    さて、まずは事前に作っておいたコンニャク糊を、実際に和紙に塗ってみます。
    ペットボトルに入った、トロトロした液体の正体に、みんな興味津々。
    両面いっぱいに塗り終わった和紙をさわって、「面白い!」と不思議な感触が大人気でした。

    130809-1.JPG

    今度は、あらかじめ準備しておいたコンニャク糊を2回塗った紙を、自分の手で揉んでみます。
    はじめはゆっくりと、優しく揉んでみます。そのうちお団子状にしてギュウギュウと揉んだり。
    最初は糊でゴワゴワしていた和紙が、だんだん布のように柔らかくなっていきます。

    130809-3.jpg

    実は、糊を塗っていない同じ紙を、思い切り揉んでもらっていました。
    みんなで揉んだらモワモワとホコリのように毛羽が舞いました。でも今度は毛羽立たない。
    コンニャクの面白い効能を実感です!

    130809-4.JPG

    袋の形に折り畳んでポーチにしたら、今度はお絵かきの時間。
    オリジナルの作品ができあがっていきます。

    完成すると、こんな感じになりました!

    130809-5.JPG

    実は、この紐も、原料が古紙100%の「白い紙ひも」を使用しています。
    新聞などをまとめるのに使うリサイクル用の製品ですが、こんな風に工作にも使うこともできます。
    まさに紙づくしの小物入れ、できあがりです。

    本格的な和紙を手にする機会が少なくなっていると思いますので、
    夏休み、自由研究に活かしてもらえたら嬉しいです。

    日本の伝統的な和紙と、暮らしの中に根付いた活用方法、
    こんな風に体験しながら伝えていければ・・・と思いながら。

    まだまだ、企画展「くらしの中の和紙」も続いています。
    ぜひ、多彩に利用された和紙の世界を覗きにきてくださいね!

    (Y)
  • イベント

    イベント「自由研究『紙を知ろう』」実施報告

    2013年08月15日 - 15:41

    お盆休みですね。暑さもピークを迎えているようです。

    昨日は、小学生の皆さんの自由研究対策!ということで、
    イベント「自由研究『紙を知ろう』」を実施しました。

    紙をテーマに自由研究をするときの基礎知識をお伝えする講座です。

    130816-1.JPG

    説明は、イラスト入りのパワーポイントで、わかりやすさ、親しみやすさを心掛けています。

    130816-2.JPG

    紙は、植物のセンイ(主に木材)からできていること、
    その木材は、CO2と太陽の光を受けて、光合成をしながら成長していくこと。

    センイを取り出して紙を作っても、また水の中でバラバラにすると紙ができるという
    リサイクルの原理について。

    現在の日本の紙の原料が、古紙60%以上であること。

    たまにクイズを交えながら、紙とエコロジーの関係を語る先生の言葉にも力が入ります。

    130816-3.JPG

    自分の手で紙を作る体験も行いました。
    「糊を入れていないのに、紙ができるんだ!」という声も聞こえました。
    センイとセンイがくっつきあっている力(水素結合)で紙はできているので、糊は必要ないんです。
    実際に自分の手で作ってみると、新しい発見がたくさんあったようです。

    こちらの体験は、「紙すき教室」というイベントで、毎週土・日曜日に開催しています。
    今回のイベントに参加できなかった方も、ぜひどうぞ!

    (Y)
  • イベント

    イベント「紙パック工作」大好評でした!

    2013年08月23日 - 16:05

    昨日、紙パックの工作イベントを開催しました。

    工作のための紙パックは、皆さんの自宅のものを持ってきてもらいました。
    身近な素材での工作、まさにリサイクルですね!
    これが何に変身するでしょうか・・・?

    130823-1.JPG

    まずは、パックを切り開いて、型紙を貼り付け、形通りに切っていきます。

    130823-2.JPG

    簡単ですが、水分を包むために作られた紙パックですから、厚くて、切るには力が必要です。
    ハサミを握る手に、みんな集中です!

    130823-3.JPG

    切った紙パックを長くつなげて・・・できあがったのは・・・、

    130823-4.JPG

    そう、ヘビが飛び出す「ビックリ箱」です!

    中から、輪切りにした紙パックのヘビが、輪ゴムの力で飛び出すしかけです。
    単純ですが、面白い!

    それまで頑張って紙パックにハサミを入れてきた皆さんの
    達成感にあふれる笑顔が忘れられません!

    アイディア次第で、楽しいおもちゃができました。

    紙工作の良さは、素材が身近にあること、そして自由な工作ができること。
    絵を描いたり、あざやかな色紙があったり・・・。

    ぜひ身の回りの紙を使って、おうちでも、いろいろな工作を楽しんでくださいね。

    全国牛乳容器環境協議会様のホームページにも、紙パック工作が掲載されていますので、
    ぜひ見てみてください。

    (Y)

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

ページトップ