公式ブログ

  • Q&A

    紙の種類は何種類ありますか?

    2011年10月19日 - 10:12

     紙の博物館の掲示板の中でも、かなり多く寄せられる質問です。
     素朴な疑問ですが、じっくりと考えるとかなりの難問で、一言では説明するのが難しいのです。

     紙の種類はとても多く、細かく分けると数千種類になるといわれます。何でつくったか(原料)、重さや厚さ、つくった地域(産地)など、その分け方にもいろいろあります。
     紙を何に使うか(用途)によっても細かく種類が分けられます。その基本になっているのは、紙の主な3つのはたらきです。

     ①記録する:印刷をしたり、文字を書くための紙
     ②つつむ:ものをつつんだり、袋や箱に使う紙
     ③ふき取る:水や油、汚れをふき取る紙

     みなさんの周りには、どんな紙がありますか?この3種類に分けてみましょう。

    (H)

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

ページトップ