公式ブログ

  • Q&A

    ダンボールの名前の由来は?

    2011年06月23日 - 11:29

    110623.jpg

    紙の博物館では、来館者の方が自由に書ける質問ボードを設置しています。答えは掲示板でご紹介していますが、掲示が終わったものから、随時、ブログに掲載しています。

    今回の質問は、「ダンボールの名前の由来は、なんですか?」です。

    実は、ダンボール(段ボール)は、明治時代、井上貞治郎(現・レンゴー創立者)が考えた名前です。

    外国では、コルゲーティッドボード(波状の厚紙)と呼ばれていましたが、国産の商品を発売するときに、"よりわかりやすいように"と、「段のついたボール紙」=「段ボール」と名付けました。

    今では、すっかりおなじみの名前になっていますね!

    (Y)

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

ページトップ