公式ブログ

  • 企画展

    おもちゃ絵"立版古(たてばんこ)"にはまったのは誰?!

    2011年04月09日 - 17:18

    飛鳥山ではソメイヨシノが満開を迎えました。もうしばらくすると、今度はさまざまな里桜が咲き始めるのが楽しみです。

    さて、現在は企画展「おもちゃ絵の世界~見る・作る・遊ぶ・学ぶ~」を開催しています。この展示を行うにあたり、担当として「まずは自分が楽しんでみなくては!」ということで、判じ絵、着せ替え絵、変わり絵など、さまざまなおもちゃ絵で遊んでみました。今時のゲームと違って、どれも紙に印刷されただけのものですが、手と頭を働かせなければならず、シンプルなだけに自分なりの工夫を加えたりしながら楽しむことができました。中でも"立版古"は、展示準備そっちのけで没頭してしまいました。

    立版古は、今でいうペーパークラフトやプラモデルで、まずは紙を裏打ちして強くしてから、印刷された絵柄を切りぬき、貼り合わせ、立体に組み上げていきます。1枚で1作品が完成するものもありますが、歌舞伎の舞台を再現したものなどは大体3枚、4枚、場合によっては10枚以上にわたる大作もあります。紙面には各パーツが実に無駄なく配されていて、思わず感心してしまいます。

    細々としたパーツを切り抜くだけでも一手間ですが、いざこれを組み上げていこうとすると、思った以上に大変!なにせ、紙面の一部に本当にごく簡単な"出来上がり図"が記されているだけで、細部の配置や立体感はほとんど分からない上に、最低限の貼り合わせのマークと"上から吊す"のような指示がある位で、説明らしい説明はないのです。おまけに、パーツだけでは完成品にはならず、土台や支えなどは自分で工夫して作らないといけないのです。

    いくらおもちゃ絵が"子ども向けの実用の浮世絵版画"といっても、立版古の複雑なものなどは、とても子どもだけで作れたとは思えません。現在でもプラモデルにはまるのが実は大人であるように、立版古も大人が楽しんでいたのです。

    展示には、出来映えはともかく、苦心の末に組み上げた立版古も並んでいますので、ぜひ見に来てくださいね!

    110409.jpg

    110409-4.jpg

    「組上三枚つづき 頼朝公放生会の図」
    三枚を組み上げるとこんな作品に!
    (H)

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

ページトップ