公式ブログ

「2010年12月」記事一覧

  • お知らせ

    「友の会の集い」へのお誘い

    2010年12月01日 - 14:34

    昨年好評であった「友の会の集い」を今年度も下記要領で実施いたします。

    第一部では、今回は、紙漉き唄研究家で2000年紀和紙委員会事務局長としてご活躍の阪田美枝さんに「紙漉き唄に導かれて」と題してご講演をしていただきます。長年のご経験をもとに、ビデオ上映を交え興味深いお話になると思います。ご期待ください。

    定員は50名で、「友の会」会員を中心とした予約制ですが、会員で定員に満たない場合には、一般の方も「講演会」に限って聴講可能ですので、下記の申込期間に電話でお申し込みください。

    日時:平成23年2月11日(金・祝)15:00

    場所:紙の博物館(1階講堂)

    タイムスケジュール:

       15:00 第一部 講演会(1階講堂)
          「紙漉き唄に導かれて」 紙漉き唄研究家 阪田美枝氏

       16:30 創立60周年記念企画展
          「時代紙万華-60年ごとにみる江戸から平成-」等見学

       17:00 第二部 懇親会(1階講堂、会員のみ)
      
       18:30 解散

    定員:50名(会員優先)

    会費:無料

    申込期間:①会員 平成22年12月1日(水)~平成23年1月20日(木)
         ②一般 平成23年1月21日(金)~2月6日(日)

    申込・問い合わせ:友の会担当(徳永03-3916-2320)までお電話ください。
             なお、お電話に当たって、会員の方は懇親会への出欠をご連絡ください。

    (友の会事務局)
  • 企画展

    「時代紙万華」展オープン

    2010年12月12日 - 08:00

    創立60周年記念の最後の企画展が、
    オープンいたしました。

    「時代紙万華-60年ごとにみる江戸から平成-」

    と題しまして、2010年、1950年、1890年、1830年と4つの章にわけて、
    紙がどのように生活と関わり合いを持ち、変化してきたかを展示しています。

    紙の博物館では、展示はいつも二人担当制でやっておりますが、
    今回は特別に一つの時代につき、一人ということで、四人担当制で作り上げました!

    四人の学芸員が織りなす万華鏡のような展示になっていると思います。

    よくばっていろいろな種類の資料が展示されているので、
    意外なものがあったり、面白いものがあったり、きっと新たな発見があることでしょう。

    60年前、60年前、というように展示を遡っていくと、
    「紙と生活の歴史って、変わっていないなあ」
    「いやいや、時代によってずいぶん変わったなぁ」
    いろいろなご感想が聞けるのではないかと、楽しみにしております!

    (Y)
  • 日々の出来事

    年内は26日(日)まで開館しています

    2010年12月25日 - 10:44

    毎日寒い日が続いておりますが、皆様お元気でしょうか?

    紙の博物館も、各人が掃除を行ったり、年内の仕事を片づけたりと、
    年末に向けてシフトしております。

    今年の紙の博物館は、
    60周年イヤーの始まりの年でした。

    常設展のリニューアルに始まり、
    60周年の記念出版、ホームページのリニューアル、
    各記念企画展の開催・・・

    めまぐるしい一年でしたが、
    紙の博物館が新たに生まれ変わった記念すべき一年でした。

    皆様は、どんな一年でしたか?

    来年も、さまざまな企画展やイベントを企画しておりますので、皆様、お楽しみに!

    どうぞよいお年をお迎えください。

    来年も、紙の博物館をどうぞよろしくお願いいたします。

    (年内は、明日まで開館しております!)

    (Y)

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

ページトップ