公式ブログ

  • こぼれ話

    「かみはくの日(6/8)」は無料入館日!

    2010年06月02日 - 10:42

    100602.jpg


    今から60年前の1950年6月8日、「製紙記念館」がオープンしました。現在の紙の博物館の誕生です。

    ここで、その誕生秘話を少し紹介しましょう。

    渋沢栄一の提唱で1873年に設立された「抄紙会社」はその後大きく発展し、「王子製紙」として第二次世界大戦まで日本の製紙産業を牽引してきました。しかし、1949年、戦後の占領政策に基づいて十條製紙・苫小牧製紙・本州製紙の3社に分割されることになったのです。

    この王子製紙には、戦争が激しさを増す中で苦心して集めた貴重な手漉和紙の標本や、和洋紙文献・資料などが収集されていました。これらの資料を整理、保存するとともに、一般に公開して社会貢献することを目的として、製紙記念館が設立されたのです。

    戦後の混乱がまだ続いている中で、いち早く産業博物館的性格をもつ当館が誕生したことを考えると、先人たちの見識と努力に頭が下がるばかりです。


    さて、開館日が6月8日とされたのにはワケがあります。

    これは、1875年に当時の抄紙会社(王子工場)がほぼ完成し、ボイラーが初めて運転を開始したという、由緒正しい日だったのです。

    ・・・と、こんなうんちくは知らなくても、
    60周年の今年、この記念すべき「かみはくの日」は"入館無料"となりますので、ぜひ遊びに来てくださいね!

    (H)

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

ページトップ