公式ブログ

「2010年6月」記事一覧

  • こぼれ話

    「かみはくの日(6/8)」は無料入館日!

    2010年06月02日 - 10:42

    100602.jpg


    今から60年前の1950年6月8日、「製紙記念館」がオープンしました。現在の紙の博物館の誕生です。

    ここで、その誕生秘話を少し紹介しましょう。

    渋沢栄一の提唱で1873年に設立された「抄紙会社」はその後大きく発展し、「王子製紙」として第二次世界大戦まで日本の製紙産業を牽引してきました。しかし、1949年、戦後の占領政策に基づいて十條製紙・苫小牧製紙・本州製紙の3社に分割されることになったのです。

    この王子製紙には、戦争が激しさを増す中で苦心して集めた貴重な手漉和紙の標本や、和洋紙文献・資料などが収集されていました。これらの資料を整理、保存するとともに、一般に公開して社会貢献することを目的として、製紙記念館が設立されたのです。

    戦後の混乱がまだ続いている中で、いち早く産業博物館的性格をもつ当館が誕生したことを考えると、先人たちの見識と努力に頭が下がるばかりです。


    さて、開館日が6月8日とされたのにはワケがあります。

    これは、1875年に当時の抄紙会社(王子工場)がほぼ完成し、ボイラーが初めて運転を開始したという、由緒正しい日だったのです。

    ・・・と、こんなうんちくは知らなくても、
    60周年の今年、この記念すべき「かみはくの日」は"入館無料"となりますので、ぜひ遊びに来てくださいね!

    (H)
  • イベント

    友の会見学会で、旧岩崎邸に行ってきました!

    2010年06月12日 - 10:17

    現在開催中の金唐革紙展に関連して、6月6日(日)、かみはく友の会の見学会で台東区池之端にある旧岩崎邸を訪ねました。

    三菱創設者・岩崎家本邸として建てられた洋館では、復元された金唐紙が使用された部屋が公開されているのです。

    大河ドラマで弥太郎が出ている影響で、岩崎邸は連日大勢のお客様で賑わっており、見学会当日も遠方からのバスツアーなど、多くの方が来園されていました。

    100612.jpg

    当館学芸部長の金唐革紙出張ミュージアムに続き、岩崎邸ガイドツアーは、特別に松井センター長にご案内していただきました。

    外観からスタートした岩崎邸の各要所での解説、設計者コンドル、弥太郎はじめ岩崎家の人々についてなど、とても詳しく、熱心に語っていただき、友の会会員だけでなく、一般のお客様もそのお話しに聞き入っていました。

    旧岩崎邸では木曜日を除く毎日、11時からと14時から解説ボランティアによる一般向けのガイドツアーが開催されています。
    復元された貴重な金唐紙も間近で見られますので、ぜひ、足を運んでみてください。

    最後になりますが、体調不良の中、長時間お話しをしてくださった松井センター長をはじめ、お手伝いくださった関係者の皆さま、本当にありがとうございました。

    (K)
  • 日々の出来事

    あじさいが見頃を迎えています

    2010年06月20日 - 16:01

    100620-3.jpg

    飛鳥山では、あじさいが見頃を迎えています。

    今日は、梅雨時ながら高曇り。
    風が通り抜けて、過ごしやすい日曜日となりました。
    あじさい散策にはちょうどいい天気です。

    園内では、JR王子駅沿いの「飛鳥の小径(こみち)」や、
    北区飛鳥山博物館の前にあじさいが咲きそろっています。

    「飛鳥の小径」のあじさいは、JR京浜東北線からも見えますね。

    100620-1.jpg

    実際に歩いてみると、石垣から垂れるように枝が伸びていて、
    ひとりが通れるのがやっと、という道の狭さです。

    まだまだしばらく楽しめそうです!

    あじさいの花の様子は、飛鳥山3つの博物館ホームページ上で
    お伝えしていますので(不定期更新)、こちらもぜひ見てみてくださいね。

    2010年アジサイ情報

    (Y)

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

ページトップ