紙の博物館

企画展

紙布~桜井貞子作品展~紙布~桜井貞子作品展~

2017年03月18日(土)~2017年06月04日(日)

細く切った和紙をより、紙糸にして織った布である「紙布(しふ)」。江戸時代は山陰や東北地方など、木綿が貴重品だった地域で多く生産され、とくに伊達藩白石の紙布は将軍家にも献上され、名産品として知られました。桜井貞子氏は白石紙布と出会い、その美しさと優れた技術に魅せられて、以来40年間その研究と制作に情熱を注いでこられました。桜井氏の紙布制作40年と米寿を迎えることを記念して氏の作品とともに、菊池正氣氏(西ノ内和紙)、梶山和世氏、山崎協子氏、妹尾直子氏の作品もご紹介いたします。美しい紙布の世界をご堪能ください。

詳細はこちら

読み物

  • 紙の知識紙の知識

    紙の歴史と文化や、作り方、リサイクルなど、紙に関する事柄をわかりやすく解説します。

  • 所蔵資料紹介所蔵資料紹介

    紙の博物館で所蔵している、紙にまつわる様々な資料を写真と共にご紹介いたします。

新着情報

ページトップ